20年先も恥ずかしくない住まいづくり

設計事務所の家づくりは不安。だから、アンケートを頂きました

【暮らし】が形になる。形が感想を生む
人の住まいは自分の住まいではありません。
注文住宅は、建売と違ってそのものを買うのではありません。
私達が皆さんの感想のから得られるもの。

とても新鮮で、ありがたいお言葉です。それは、その建物を真剣に設計したからだと思います。けども、皆さんは、『その建物が良かったんだなぁ』と思う程度かもしれません。それは、致し方ない事。

注文住宅、リノベーション、リフォームは、自分の家の設計が始まって、初めて実感すると思います。

だからこそ、
設計事務所の3つの不安を上げます

①費用がわからない

→設計が始まっていないのでわからないのが注文住宅。私達は、基本的な方針が決まった時点で概算見積を提出できるので安心

②好き勝手にされそう

→事前に、サンプルなどお見せします。どんなデザインにもメリットデメリットがあります。そこの説明を大事にしています。

③工事が不安

→設計事務所のネットワークで注文住宅の工事ができる所に依頼します。どこでも安い所に依頼するという事はしません。その為に概算見積で相場観を確認しておきます。

_97_wp

私達は分離発注の経験もあります。だからちょっと普通の設計事務所とは違うかも知れません。
弊社にいらしてもらえれば、建築の本が沢山です。一度相談してみてください。

住まいと暮らしに求められること。ただ箱を作ればいいというわけでは無いと思います。住まいで言うなら、デザインすることは箱の中の暮らしが大切を大切にすること。生活の常識を変えること。

だから、私たちのドレスロッジは、距離感と小さいことを大切にしています。