20年先も恥ずかしくない住まいづくり

バリアフリーのリフォーム住宅にするには

リフォーム住宅というと、家の劣化に伴うリフォームが多いと思うかもしれませんが、家は住む方の生活スタイルに合わせてリフォームを必要とする場合があります。ここでは快適なリフォーム住宅にするには、どのような場所にバリアフリーが必要になるのか、その一部をご紹介します。

玄関

家に入る前までに段差のある階段があれば、手すりをつけたり車椅子でも上がりやすいスロープにしたりします。
玄関が開き戸の場合、引き戸にするとわずかな力でも開け閉めができますし、車椅子でも楽に出入りができるでしょう。
家に上がる際も段差があれば車椅子のためのスロープをつけたり、手すりをつけたりします。

階段

高齢になると今まで苦もなくできていたことが大変になります。ちょっとした段差でつまずいてしまったり、階段の上り下りが大変になったり、立ち仕事が大変になったりします。そのため階段が急勾配の場合は穏やかにしたり、手すりをつけたりします。階段に滑り止めをつけるのも安全性を高めるのに有効です。

キッチン

車椅子でも動きやすい動線を考えたキッチンにしたり、高い場所に収納がある場合は台などに登らなくても物が取れるようにしたりします。また、ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換して、安全性を高めるのもおすすめです。

浴室

滑りにくいタイルにしたり、介護が必要になった時のためにドアを広くしたり、手すりをつけたり段差をなくしたりします。
ちょっとしたことが大ケガにも繋がってしまうので、生活しやすい家にリフォームすることが必要です。
また、車椅子を必要とするようになれば、車椅子でも不便のないリフォーム住宅が必要になるでしょう。

バリアフリーのリフォーム住宅をご希望の調布市をはじめとした東京・千葉・神奈川・埼玉エリアの方、住み慣れた家を生活スタイルに合わせたデザインに替えるリフォーム住宅をお考えの方、リフォームするからにはモダンなデザインの部屋やこだわりのキッチンにしたいとお考えの方、リフォーム住宅をお考えなら家族の距離感でデザインする調布市の設計事務所の無料相談をご利用ください。