20年先も恥ずかしくない住まいづくり

土地探しからでも、設計事務所に依頼できますか?

多くの場合注文住宅を建設されるときには、土地探しからはじめる事があります。土地探しはどこで行うのでしょう。はじめて住宅を建てようと思えば、その手順も良くわかりません。そういったものです。

土地探しのコツ

始めは、どこに住みたいか漠然としていることが多いでしょう。駅から近い、住み慣れている、学校から近い、職場から交通の便が良い、コスト優先など。優先順位は様々。土地探しを含め不動産と言うものは、一期一会。その時に良い物件に出会えるか。リーズナブルで購入できるか。正直、運頼みと言っても過言ではありません。特に、東京のような土地の売買の激しいところは、良い土地があっても先客がついていることも珍しくありません。高い値段を出すから買わせてと言っても、先着順なので、順番待ちになってしまいます。そうこうしているうちに、別の候補の土地も、他の方が買うという事も多々ございます。狙って買う!!という商品ではないのです

ですので、土地探しの優先順位は、決めておきながらも、ある程度ふわっとしておくのが良い方法です。不動産屋さんも、あまりに条件が厳しい場合には、紹介できる物件の数も少なくなってしまい、もしかすると、少し我慢できれば、良い物件があるのにと言う物件も紹介してもらえなくなることもあります。そもそも、紹介物件の少ない不動産屋さんはやめておいた方が良いでしょう。土地を探していると、建売も紹介されることも多いと思います。ちなみに建売を選択する時と言うのは、立地最優先、コスト最優先の時です。もしこの二つが、ふわっとした優先順位にならないのであれば、建売をお勧めいたします。

優先順位のふわっとした中で、とにかく物件を紹介してもらう。材料がそろったら、実際の物件を見てみましょう。実際検討している土地を不動産屋さんと訪れます。そうすると、面白い事にどんどん土地を見る目と言うのが養われてきます。多少めんどくさくても、現地は訪れるようにして下さい。その効果は必ず実感できます。現地で発見することもあります。

ふわっとした優先順位-できる限りの物件数-現地の確認。
土地探しを設計事務所に頼むと注文住宅はどうなる?

上記の土地探しは、土地そのものの価値を推し量るものです。最終的に土地を買って注文住宅を建てたいのであれば、候補が絞れた時点、もしくは、土地探しを始める前に設計事務所へ相談することが良いでしょう。設計事務所によっては、提携の不動産屋さんを紹介してくれるところもあります。ではどうしてこの段階で設計事務所に相談することが良いのでしょうか

デザインの良さでも変えられない建物のボリューム

住宅など建築と言うものは、法律で建物の高さ大きさなどが決定されています。その土地によっては、希望の大きさの住まいが建たない事もあります。建物のボリュームと言うのは、なかなかデザインで処理することが難しいのです。もし土地選びから設計事務所が入って入れば、そのボリューム感など事前にチェックすることができます。

無駄な建築費用を掛けない

建築費と言うのは、建物自体だけではありません。例えば土地が高ければ擁壁工事が必要になる場合もあります。逆に隣に大きな崖があれば、その対処も必要になります。車の置き方を配慮すると建物が木造ではできない、水のつく名前なので地盤が悪い可能性がある、など。土地を選ぶときに配慮すれば、避けられる問題も多々あります。

住まいを建築する立場で、土地を見ると見えてくるものが異なります。

注文住宅を建てたい人の土地探しは、建物を建てる立場から見れる専門家にお願いすることはメリットが大きいでしょう。