20年先も恥ずかしくない住まいづくり

家づくりは考えることが沢山あります。

初めての家づくりで、ましては、毎日お仕事をしている中で、すべてを把握しながら家をつくられる方はほとんどおりません。

その為、ある程度あきらめた状態で住まいを作ってしまう。いや、選んでしまうのが一度目の家づくり。

コスト
規模
使い勝手
家族構成
ローンの支払い
将来誰と住むか
などなど

 

住まいの良さを理解できる余裕が二度目の家づくりにはある

余裕は、安易な営業トークに騙されません。

余裕は、大切なものを選択できます。

一度目の家づくりで良くあることが、この補助金使えるからこの住まいにしてほしいという要望です。

補助金や、優遇は、あなたの住まいにとって本当に必要な物か、あなたの生活に本当に必要な物か、

もちろんお金は大切で重要ですが、ゆっくり考えてください。

本当にその広さ必要ですか?

子供の笑顔が見える。孫の笑顔が見える。1時間でも一緒に長くいられる。

そんな住まいが、幸せ時間だと思います。