20年先も恥ずかしくない住まいづくり

古材、建具、欄間を使う

住まいを作る場合、多くは、カタログを見て決めます。

それが今の住まいづくりです。

でも、少しインパクトを加えたいなら、古材、建具、欄間、など別のデザインとして用いることも選択肢に加えてみましょう

wp_blog_new37

使うときの注意

古材、建具、欄間など、古い材料はそれだけで、空間のデザインを決定してしまいます。

古い材料は、そのくらい力があります。

建具をそのまま使えば、アンティークな空間になります。欄間もその通り。

だから気を付けて使いましょう。

方法として建具や、欄間を転用します。

その方法は様々。間接照明にしたり、家具に用いたり。

それはカタログに載っていません。

ワンランク上のデザインは、カタログにないものを作る事だと思います。

古材の専門店に行くと様々な古材が低価格で手に入ります。

現在は、こんなに込んだ細工をする職人さんは減ってしまいました。それが社会のニーズと言われればそれまで。

工業製品の完成度の高さは、職人を超える部分があります。

でも誰でも手に入る工業製品と違うデザインは、こういったところにあります。

古材の店主はおっしゃっていました。

手の込んだデザインを理解できる人も少なくなったと、、、

良い悪いは、やっぱり、皆さんの判断するところ。

一つ私達が言えるのは、気持ちのこもったものには、必ずストーリーがあります。

ストーリーを愛してもらえれば、古材を使いこなせるでしょう!