20年先も恥ずかしくない住まいづくり

家が狭い!思い切って、納戸はコンテナ倉庫を使う

新築が狭い。コンテナ倉庫を使う

家づくり、リノベーション

家づくり鉄板の要望、『収納の多い家』。そうはいっても、家は大きさが限られています。

土地が気に入ったので、建売を買おうかなと言うとき。みんなが、その家に合うライフスタイルを送っているわけではありません。スーツケースを3つも持っている人だっています。ギターが趣味の人もいます。だから、収納が足りなくなることもしばしば。

新築の住まいであっても同じ。どこまでも大きく作れるわけではありません。何かを我慢することも大切。それはお母さんの我慢か、お父さんの我慢か、はたまたおじいちゃんおばあちゃんの我慢か、誰かが我慢しなければならない事もあります。

もし、どうしても、本当に収納量が多いのであれば、思い切ってコンテナ倉庫を使う事も検討してみましょう。

しかも、今の住まいの傾向として一生その場所は住まない!!という人も少なくありません。

前にお話ししたように

意外とみなさん気づいていませんが、収納スペースはタダではありません。

もちろんスペースにも、お金にも余裕があれば、作ってしまえばいいのですが、皆さんがそういうわけではありません。

収納するモノの寿命。。。

収納と言っても、今必要なもの、とりあえず取っておくもの、など、モノのランクがあります。

そして、『後々必要かな?』と言うものはなかなか使われず、いずれ捨てることも多くあります。

意外と、趣味の物や、大切だと思っている物でも、よくよく考えてみるとランクの低いものが沢山あります。

モノは使われないとタダのスペースを占領するだけなのです。結構厄介者。

モノの寿命が来た時には整理することが大切だと思います。

でも厄介者の、息を吹き返すときがあります。最も代表的なのが、雛祭りのひな人形。あの一時の為にずっとお休みしています。

そういうものを、思い切ってトランクルームを使うという事も考えてみましょう。毎日の生活のスペースを確保するために、収納をレンタルする事も大切な考え方だと思いませんか。

前にお話ししたように、収納スペースの為に100万円かかるとしたら、月額5000円のトランクルームを16年近く借りれる事になります。

結構すごい事だと思いませんか?

家族生活は家族のスペースが一番大切。

住まいは取捨選択して、心地よい空間をデザインしましょう。

PS
16年は単純計算ですから、実際はもっと短いと思います。