20年先も恥ずかしくない住まいづくり

あなたは新築派?リフォーム派?リノベーション派?

家を住み替えると言っても、方法は様々。

 新築   リフォーム    リノベーション 

言葉のイメージ

新築は、皆さんの思い描いているように、新しく家を建てる事。リフォームは、簡単に言うと、今の間取りで、模様替えをする感じ。リノベーションは、今の間取りを変えてしまう大がかりなリフォーム。難しい定義は、出されていますが、こんなイメージで問題ないと思います。

それぞれのメリット、デメリット
新築
コストが高い 建築以外の、申請など諸費用が大きくかかる。 自由な住まい 注文住宅なら自由に家を建てられる
リフォーム
コストは安い 住まいが新しい材料で綺麗になる 生活スタイルは変わらない 間取りは変わっていないので、真新しさはない
リノベーション
価格は高い 今住んでいる間取りまで変えるので、借り住まいが必要になる 住まいは大きく変わる 今まで住んでいた場所がガラッと変わるので大きな変化が生まれます

自由度を求めるなら新築。きれいになればいいやなら、リフォーム。今の場所で間取り変更ならリノベーション。

 

wp_blog_new41

新築、リノベーション、リフォーム、不安な事をお話しします。
新築の場合
一番不安なのは、建物よりも土地かもしれません。建物は今から建てるので対策が出来ますが、地盤の問題は、完璧に大丈夫とは言えない場合があります。以前の家の地中埋設物があるなんてことも珍しくありません。全部掘って調べるわけにはいかないので調査は必須です。
リノベーションの場合
リノベーションは事前にある住まいを壊して新しく間取りを作ります。しかしながら、みんながみんな、完璧な工事を行っているわけではありません。壊してみたら、こんなに酷い工事をするなんて、という事も珍しくありません。壊してみるまで分からないのがリノベーションの不安な部分です。
リフォームの場合
リフォームは比較的、価格が安価である分、適当な工事をする事が多くあります。また安易に参入できるので施工が適当という事も珍しくありません。しっかりした工務店と言うより、監督さんがしっかりしている事が最も大切です。

どれも、メリットデメリットがあります。

しかも、今の家を建て替えるのであれば、立地も影響してくるでしょう。古い家屋の場合工事車両が入らない事も良くある話。

まずは可能性をつぶさず、専門家に話を聞いてみましょう。