20年先も恥ずかしくない住まいづくり

リフォームとリノベーションの特徴

近年よく耳にする「リノベーション」という言葉。よくリフォームと混同されることが多く、その違いについてあいまいな部分はありませんか?こちらではリフォームとリノベーションの特徴についてご紹介します。

建物の老朽化を防ぐ目的は「リフォーム」

外観・内装の美しい新築住宅でも、時代の経過と共に汚れや劣化が目立ち始めてきます。これらの劣化を補修し、建物の状態を新築時に戻すことをリフォームといいます。リフォーム工事といってもクロスや床の張り替え、ペンキの塗り替え、雨漏りの修繕、システムキッチンの設備入れ替えなど部分的な工事から、間取り変更のような大がかりな工事まで様々です。気になる部分だけ修繕したい方は、リフォーム工事で新築時の快適な住まいを手に入れましょう。

性能向上と付加価値が目的「リノベーション」

既存の建物や中古住宅を、現代のライフスタイルに合った住まいに、造り替えることをいいます。リフォームが元の状態に戻すための機能回復という意味に対し、リノベーションは新築時よりも新たな機能を向上させて、その時代に合わせた建物に造り替えることが目的です。近年、リノベーション住宅は続々と増えています。例えば、住宅のバリアフリー化もリノベーションのひとつです。

自分や家族のニーズに合わせて家づくりを行い、安全性に配慮することで家族皆が安心した住空間をつくることができます。また、いつ起こるか分からない地震や竜巻などの自然災害、リノベーションでは耐震性や耐火性にこだわった住まいを手に入れることも可能です。新築時よりも快適な暮らしを実現したい、安全性を高めて家族皆が安心して暮らせる家を手に入れたい、そんな願いを叶えてくれるのがリノベーションです。

 

ドレスロッジは東京都調布市にある設計事務所です。スモールリノベーション、スモールリフォームなど、人との距離感を大切にしたデザインを重視して設計を行っております。事業案件においては、今のニーズに合わせ入居者を増やすかなどをデザインを中心に活動しております。サイト内にはリノベーション・注文住宅の実例を掲載しておりますので、調布市でリノベーションをご検討中の方は是非ご覧ください。  お問い合わせはこちら