20年先も恥ずかしくない住まいづくり

平屋 でアイランドキッチンにするには何畳必要?

平屋もしくは、ような平面でアイランドキッチンを取り付けたい場合の間取りについてお話しします。

「アイランドキッチン」とは

アイランドキッチンとはその名の通り、長方形のキッチンの四辺がどこも壁に接することなく、独立したキッチンのことです。つまり四辺にそれぞれ、人が通れるスペースを確保しなくてはならないということですね。
アイランドキッチンの周りには一般的必要寸法はに75cmくらいは必要となります。さらに、シンクとコンロの分離型の場合180cm×90cmくらいの長方形のアイランドキッチンが導入されますので、
横は75cm+180cm+75cm=3.3m、
縦には75cm+90cm+75cm=2.4mは必要になります。
さらに、シンクコンロ一体型の場合240cm×90cmくらい必要になるので思ったより広い寸法が必要になります

必要なスペース

忘れてはならないのが食器収納スペースです。ふつうアイランドキッチンの上部には収納はつけませんから、LDと反対側、つまりLDに向かってアイランドキッチンに立った時の背後に食器収納棚などを置くスペースが必要となります。それらの寸法は大体65cm~70cmくらいですので、
横に3.3m、
縦に2.4m+70cm=3.1mくらいのスペースは必要です。
最低でも8畳~10畳のスペースがないと厳しいということなのです。
さらに、ワンフロアーの場合、LD以外にも、水回り(お風呂、トイレ、洗面所など)、寝室、子供部屋や個人の部屋など確保すべき部屋は盛りだくさんです。
平屋やマンションでアイランドキッチンを導入したいと考えている方は、アイランドキッチンを含めたLDの面積が、最低でも延床面積(簡単に言うと壁に囲まれた面積、つまり実際に部屋として使える面積のことです)のうち、どれくらいを占めるのか、ほかの部屋を圧迫しすぎていないか、などを考えて計画する必要があります。最低でも上の畳数にあと、どれくらい畳のスペースが必要か考えてみましょう

しかし、絶対に無理ということはありません。LDにおいて、ダイニングテーブルの置き方やアイランドキッチンの方向などを考えるだけでスムーズにいく場合もありますので、「譲れる部分」「譲れない部分」を考える必要があります。